--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年01月22日(金) 記事No.23
キャバクラユニオン

キャバクラ(水商売)で働く女性の為の労働環境の改善をテーマに結成した個人加盟労組「キャバクラユニオン」は電話相談を受け付ける「キャバクラホットライン」を定期的に実施している。
全国から不当な処遇に関する相談があるというしマスコミにも注目されている。


労働組合結成に関して私は意見するべき立場でも状況でもないので内容に関しては何も言わないでおくが、しかし一言だけ申しておきたい事がある。



何故ホームページが無いのでしょうか?



キャバクラユニオン代表の桜井凛さんが書いていると思われるアメーバブログは見つかったがホームページは無かった。
たしかに携帯対応のウェブログも増えてきている。
しかし、ホームページは作っておくべきではないのだろうか?

今はウェブの時代である。

必ずしも電話で悩みを相談できる人ばかりではない。
ネットの中だからこそ打ち明ける勇気が出るかもしれない。
そんな場を提供していくことが必要なのではないだろうか?
勇士を募ってさまざまな角度から展開していく事が臨まれるのではないだろうか?


この事に関してはどんな企業にもあてはまると私は思う。
たとえ小さな企業でも、自社のホームページくらい公開すべきである。
販売を目的としない企業でもあてはまる。
会社の発展の為に可能性が少しでもあるのなら実行すべきだ。
もちろん、経費のかからない無料サイトを利用するのもいいだろう。
要は行動するかしないかの違いだけだ。


だからやってみろ。


とにかくやってみろ。



やり方がわからないなら調べればいい。

それは勿論、ウェブで検索。



相談や問い合わせなどキャバクラユニオンへ連絡とりたい場合は「フリーター全般労働組合」にて受け付けてくれるそうなので調べうるのが億劫な場合は下記に電話を。

電話番号:東京03-3373-0180

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: キャバクラユニオン, 改善, ホームページ, ウェブログ, 女性, ホットライン, マスコミ, サイト, 携帯, 労働組合,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年12月24日(木) 記事No.22
インフレとは?
インフレーションを略してインフレと呼ばれている。
簡単に表現するなら物の値段が上がり続けることであるが、インフレにより通貨の価値が低くなる。

デフレとは?
インフレとは反対に物の値段が下がり続けることである。
デフレーションを略してデフレと呼ばれているが、まさに現代の日本がその真っ只中にあるといわれている。


モノの値段が下がる事は財布にはいい事だが、一つ間違えると大きな落とし穴に落とされる。

それを「デフレ・スパイラル」と呼ばれている。


【デフレスパイラルの流れ】
景気が悪化すると商品の売れ行きが悪くなる。
そのままでは売れないので値下げすが下げした分だけ収益は悪化する。
手っ取り早い支出の削減といえば社員やパートの給与削減。
給料を減らされた人々の家計は苦しくなり、その人達もまた商品の購入を控えるよになる。
さらにモノが売れなくなり景気が悪化する。
そのままではモノが売れないので。。。(繰り返す)



さまざまなモノが溢れる現代社会。
新商品を次々に発表するのと同時に、企業はこぞって値下げ競争を過熱させている。
価格を下げるという事は何かしらのコストを下げる努力が必要となってくるため、各社はさまざまな対策が必要になってくる。
例えばコスト削減として、質を落とす、リストラにより人員削減、海外の安い労働力に移行するなどがある。
このような時代が長引くと、国内の生産力が低迷するだけでなく私達の家庭にも影響を及ぼすのだ。

牛丼、ハンバーガー、ジーンズの値下げ戦争といったニュースが絶えないが、実店舗での販売だけでなくインターネット販売の世界でも同様である。
インターネット検索があたり前のように私達の生活に入り込んできているが、比較検討しやすい環境であるのも価格競争に油を注いでいるのかもしれない。

情報化社会のおかげで、インターネットを通じて商品を手に入れることが簡単になった。
また、ネット検索を行えば瞬時にして価格情報や製品情報を手に入れることができるようになったため、比べられる機会が増えた事も値下げ競争に一躍買っていると私は思う。

以前は家電製品などがインターネットショッピングでの取引きで目立っていたが、食料品やミネラルウォーター、ちょっとした日用品までを通販する人も多くなっているそうだ。
ネット上で共同購入者を募り、同じ商品をまとめて安く買う「ギャザリング」も一般化している。


何かとお金がかかるレジャーなどの外出は控え、自宅で全国をネットサーフィンしながらより安いものを求めて買い物をするユーザー増え、この「巣ごもり」状態は今後も加速していくだろう。
決してそれが悪いとはいえない。
こん不況な時代こそチャンスと捉えて伸び上がっていく企業も存在するのであるから。



起源回帰と創造を忘れずに。



新しい情報はもちろんウェブで検索。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: デフレ, インフレ, チャンス, 通販, 景気悪化, 情報化, ネット検索, ショッピング, ギャザリング, 起源回帰,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。