--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年03月10日(火) 記事No.9
日本財団が推進しているプロジェクトのひとつに、『ゆめちょ』があるのはご存知だろうか?

簡単に説明すると、自動販売機を自宅や店舗などに無料設置し、その自販機から1本売れる事に10円の寄付金を行うといった内容である。

「夢の貯金箱」は日本財団の職員がボランティアで進めているプロジェクトです。様々な部署から、「日本に寄付文化を醸成したい」、「身近にある困難を見過ごさない社会を作りたい」という熱い思いを持った若手中心のスタッフで進めているプロジェクトです。

企業の社会貢献活動として、「夢の自動販売機」の設置・置換えにご協力下さい。1本10円を日本財団「夢の貯金箱」にご寄付いただきます。集められた寄付金は「大切な命」をテーマに社会貢献活動を行うNPO団体の活動に100%全額支出し、大切に活用させていただきます。
 日本に社会貢献の輪を広げるパートナーとして、ご参加をお待ちしています。



この活動に参加するにあたってのメリットとして、社会貢献を手軽にPRできる点である。
ド派手な宣伝効果はないが、地域に根ざす営業活動をしている企業などには、近隣住民や顧客、取引先などへのアピールは期待できる。

デメリットとしては、10円の寄付を行うことで、収入が減る事であろうか。
もしかすると電気代がまかなえなくなり、毎月赤字になるかもしれない。
私が自販機を設置していた時の契約だが、毎月の電気代をメーカーに負担させ、1本売れる事に10円をバックさせる仕組みだった。
月に5千円程度の収入だったので、設置を希望する際には十分な検討が必要であろう。

しかし、基本がボランティアである事と企業のイメージアップを考えるなら安い出費かもしれない。
要は毎月の電気代をまかなえるだけの売り上げを上げることができるれば十分なのである。


さてここからSEOの観点でみていく。

設置した企業は、日本財団が運営するホームページから紹介されるのだが、特に注目なのは、以下のページ。

http://www.nippon-foundation.or.jp/yumecho/how/jihanki.html

グーグルページランク5を示すページからの直リンクを獲得出来るのである。
このページは発リンクが30件程度なので、大いに期待できるだろう。
もちろん、rel="nofollow"をつけるような事はしていない。

他にも、ゆめちょ通信 ~「夢の自動販売機」応援ブログ~内の個別記事にも紹介もされる事があるので、さまざまなページで被リンクを獲得できるオマケ付きなのである。


社会貢献をしつつ、自サイトの強化を図れるとは、まさに夢のプロジェクトである。
日本財団の運営方針は、素晴らしい。
これこそが、真のWIN-WINの関係であると私は思う。


この記事をみて、少しでも興味を持ったなら調べてみるといい。
もちろん、続きはWedで検索。


ゆめちょについての問い合わせ先

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ゆめちょ, 日本財団, 営業, ボランティア, パートナー, アピール, 顧客, 自動販売機, , グーグル,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(1) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2009年03月25日(水) 日本財団夢の貯金箱です!
日本財団「夢の貯金箱」のスタッフをしております長谷川と申します。
私たちの活動をご紹介いただきありがとうございます
今回ご紹介いただいた「夢の自動販売機」プロジェクトは2008年の4月からスタートしましたが、特に企業や工場など、自社の職員の方のための福利厚生で自動販売機を設置されたり、手軽な社会貢献活動として職員の意識の向上や、お客様へのアピールのためにご利用いただくケースが増えており、この3月末に全国で150台ほどが設置される見込みです。

ご紹介いただきましたとおり、設置いただいた企業様は日本財団のHPやブログで紹介させていただくとともに、夢の貯金箱の「バク」のキャラクターも無料でご利用いただき、名刺やHPに貼り付け社会貢献を行っていただいていることをPRしていただいております。

収益については、設置者様が負担するのは通常電気代のみで、いわゆる定価で販売した場合、売上1本につき平均30円前後が入るうちの10円をご寄付いただくという仕組みです。

寄付型自販機が通常自販機よりも売り上げが良いというデータは残念ながらいまのところありません。
並べて置いてあっても厳密に比べることは難しいのが残念ですが、同じ金額で置いてあれば寄付型で、というように日本財団としても努力していきます。

ご興味を持っていただき感謝いたします。詳しくは「ゆめちょ」で検索していただきHPもご覧ください。
お電話でもお気軽にお問い合わせくださいませ。
03-6229-5111

<日本財団 夢の貯金箱について>
私たち日本財団は競艇の収益金を預かりNPOなど民間の社会貢献活動を助成している財団ですが、助成金には使途について制約があり、通常は事業費のみが対象となり、活動の基盤を支える人件費には使えません。
またほとんどのNPOは慢性的な資金不足で、本来期待されている市民の視点での公益活動をおこなうという点では十分な活動ができているとも言えません。
NPOが生き生きと活躍し、私たちの目線での問題解決を進めていくには、日本に寄付文化を醸成し、幅広い方から少しづつの浄財を集める必要があると考え、2005年から寄付プロジェクト「夢の貯金箱」を職員のボランティア活動的に始めました。
自動販売機の設置以外にも通常のご寄付、香典返しの品物に変えたご寄付などありがたくお預かりし、「いのち」をテーマとして活動する優秀なNPOとともに大切に活用しております。
ゆめちょスタッフ 長谷川 |   | コメントを編集 | 
2009年03月25日(水) ゆめちょスタッフ 長谷川 様
ご訪問感謝致します。
また、当サイトを紹介して下さったそうですね。
ありがとうございます。

御社のPRを知ったきっかけは、某雑誌に載っていました広告によるものです。
それはお世辞にも大きいとはいえない広告ではありましたが、私の好奇心をくすぐり、すぐさま調べさせて頂きました。
日本財団という名前は知っていても、活動内容はその時初めて知った訳です。

御社が推進しています寄付型自販機。
知人に紹介させて頂きました。
反応は良かったのですが、今は景気低迷の時期ですので、落ち着いたら検討したいと申しておりました。
明日の見えない世の中ですので、PR活動だったり寄付というような考えに到達しないのが現状でしょう。
大企業でも四苦八苦しているのに中小企業はなおさらです。
そんな社会であっても、最終的に生き残るのは、何かしらに貢献出来る企業なんだと私は考えております。

私自身は、過去に自販機を設置していた経験がありますが、現在は諸事情により撤去しております。
今後、そのような機会に恵まれましたら、真っ先に相談の連絡をいれさせて頂きます。
その際はどうぞ宜しくお願い致します。


そして、かげながら応援をさせて頂きます。

今後も、皆様のご活躍を楽しみにしております。
コメントありがとうございました。
けんさく |   | コメントを編集 | 
2014年09月09日(火) 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 感謝感激、コメントありがとうございます♪ 

トラックバックURL



 トラバ大歓迎!!出会いに感謝♪ 

2009年03月25日(水) 夢の自動販売機プロジェクトが紹介されました!
「検索しま専科」さまのページで夢の自動販売機が紹介されました。 ありがとうございました!!
ゆめちょ通信 ~「夢の自動販売機」応援ブログ~                           check  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。