--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年05月25日(月) 記事No.12
今じゃ知らない人はいないであろう、裁判員制度。
しかし名前は知っていても深く内容までは知らないのが大半ではないだろうか?

私自身もテレビのニュース等での簡単な知識である為、どのような流れなのかをネット検索した結果をまとめてみる。


 ・裁判制度とは?
裁判員制度とは、国民に裁判員として刑事裁判に参加してもらい、被告人が有罪かどうかを裁判官と一緒に決める制度である。
抽選で選ばれた国民が刑事裁判に参加することにより、裁判が身近で分かりやすいものとなる。
裁判結果や司法に対する国民の信頼の向上に繋がる事が期待されていて、すでに海外でも導入されている制度である。
海外での実績があるため、良い事は真似するという考えであろうか?


 ・裁判員の選び方?
気になる裁判員の選出方法だが、まず各地方裁判所ごとに、管内の市町村の選挙管理委員会がくじで選んで作成した名簿に基づき、裁判員候補者名簿を作成する。
くじ引きによって候補者に選ばれた国民には、この段階で通知が行われる。
就職禁止事由や客観的な辞退事由に該当しているかどうかなどを調べるため、候補者に対して調査票が送付されるので、辞退せざるをえない理由がある人は理由を明記し、候補者から外してもらう事が可能だ。
そして、候補者名簿に残った国民の中から、該当する事件ごとに、またもやくじで裁判員候補者が選ばれる。
くじで選ばれた裁判員候補者には、選任手続期日のお知らせ(呼出状)を送られてくるが、その中に質問表が入っており、該当する事件には参加出来ない理由がある人とそうでない人の選別が行われる。
そうして、辞退が認められなかった人や、逆に参加を希望する人は、選任手続の為、ここで初めて裁判所へ行くことになる。
裁判長が候補者に対して、公平な裁判をする事が出来るか、最後まで携わる事ができるか等を質問形式で行い判断する。
その中で残った候補者の中から事件ごとに、裁判員として6人が選ばれるいという流れである。
余談だが、必要に応じて補充裁判員も選任されるので注意が必要である。
ここまでの段階で、どれだけの予算(費用)が費やされているのであろうか?


 ・裁判員は何をする?
さて、実際に裁判員の仕事や役割とはどのような内容であろうか?
第一に裁判官と共に、刑事事件の法廷(公判)に立ち会い、判決まで(最後まで)関与することが役割として挙げられる。
公判では、事件のさまざまな証拠書類を取り調べる他、証人や被告人に対する質問が行われるが、疑問に思う事や詳しく知りたい場合など、自分自身が証人等に質問する。
証拠を全て調べ吟味し、事実確認を認定し、被告人が有罪か無罪かを判断する。
仮に有罪だとしたら、どんな刑にするべきかと、裁判官と一緒に議論し(評議)決定する(評決)。
その際、意見が割れる場合もあると思うが、評決は多数決により行われる。
素人集団の多数決だけで判決が決まるのか?
被告人にとって不利な判断(有罪の判断)を裁判員だけで決定する訳ではなく、必ず裁判官1人以上が多数意見に同意(賛成)していることが条件とある。
被告人は有罪か無罪か、有罪の場合の刑に関する裁判員の意見は,裁判官と同じ重みを持つものの、プロの裁判官の意見が最終的には大きな決定権を持つといえるだろう。
そのような議論をもとに下された内容を、裁判長が法廷で判決を宣告することになるのだが、ここで初めて裁判員としての役割が終了する。
無罪も有罪も、死刑も無期懲役も、被害者と加害者の運命もここで決まる。


 ・裁判員制度が導入されたきっかけは?
今までの裁判は,検察官や弁護士,裁判官という法律の専門家が中心となって行われてきたのは周知のこと。
専門的な分野の為、審理や判決が国民にとって理解しにくいものであったり,刑事裁判は近寄りがたいという印象を与えてきた面を打破するためである。
刑事裁判に直接国民が関わる事で、国民の司法への理解を深める上で大きな役割を果たすと考えているようだ。
国民が司法に参加することにより、裁判官と国民とのそれぞれの知識経験を生かしつつ、一緒に判断することで、より正確で、より正しい判断が下せるという。
また、国民全てに分かりやすく、本当に知りたいと思う点を見出すきっかけとなるであろう期待と、司法の流れを改善する事が期待されているのであろう。
司法が身近になる事は望ましいが、結局は担当した裁判員のみが知識を得るだけであり、選ばれなかった国民には何も伝わらないのではないだろうか?


 ・どんな事件を担当する?
地方裁判所で行われる刑事裁判において導入されるが、対象事件とは一定の重大な犯罪であり、殺人罪や強盗致死傷罪、現住建造物等放火罪や身代金目的誘拐罪、危険運転致死罪などが重大な犯罪とされている。
なお刑事裁判は全国で毎日行われているが、国民の関心の高いとされる重大な犯罪に限って裁判員裁判を行うことになったている。
つまりは、もっとも重い判決を審議しなくてはいけないという事か。


 ・まとめ
裁判所は、辞退理由などは自己申告制にしているため、例えば病気の為に辞退したい場合などにおいて、健康診断書を提出するなどは不要としている。
また、仕事で重要なポストについているとする場合なども同様で、内容を報告するだけで、事実確認の調査は行わないとしている。
これについては導入初期のい事であり、様々な反対運動もあって緩和的な処置とされる。
実際に選ばれた際、子育て中のママさん等に対して、子供を預ける為の保育園費用などの支給や、働くのを中断するために損失する給料を支援するような内容もあるようだが、それにかかる費用はいったいどれくらいなのであろうか気になるとこである。

果たして自分に決断する勇気はあるだろうか?
そんな場合には、無回答が許されている。
どちらとも判断が付かない事、それすなわち無罪の意見となるからだ。

そして、審議した内容は、自分が死ぬまで(墓場まで)誰にも話してはいけない。
もちろん、ブログに内容を書くような行為はもってのほか。
公言する事が禁止されているのは、裁判に携わる人々のプライバシーの保護とともに、裁判員になった者の保護の目的があるが・・・
家族にも言えず、ただじっと時が過ぎるのを待つだけ。


自分が決断した内容は、一生涯背負っていく必要がある。


裁判員制度について国民はどのような考えをもっているだろうか。
選ばれてからではなく、事前に情報を集める事が必要だ。
その日から知るよりも、事前に知っておく必要があるだろう。

導入後の動向も見定めていきたい。
もちろん続きはWedで検索。


※栽培員制度ではなく裁判員制度である事をご注意あれ!!

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: 裁判員, 栽培員, 司法, 裁判官, 無罪, 有罪, 公判, 裁判所, 国民, ニュース,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 感謝感激、コメントありがとうございます♪ 

トラックバックURL



 トラバ大歓迎!!出会いに感謝♪ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。