• 2009年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年01月28日(水) 記事No.6
本日、Google PageRank更新(グーグルページランク更新とリンク元更新が行われたようだ。

実は今回の更新を心待ちにしていた。
更新するまでは、記事を投稿するのを待つようにしていた。
何故そうしていたのか、備忘録として記事にしようと思う。
もしかすると、今後のグーグル対策のヒントになるかもしれない。


このブログの最初の評価は3であった。
昨年12月末の更新で3になった訳だが、その段階で書いた記事はたったの2記事。
テストページを含む二つの記事を書いて放置していただけだ。
被リンクも10件程度。
それでいて、ページランクは3となる。
少しのコンテンツ(記事)と、少しの被リンクでも3程度なら簡単になれると知る。
(このブログとは別の管理サイトを運営していて、自身初となるPR3になった際、それはそれはとても感動した訳だが、今となっては懐かしい思い出である。)

しかし、一時的な評価だったのだろう、約2週間後に無評価に落ちた。
その間、さらに2つの記事(グーグルに関した話題)を書いた訳だが、カテゴリーがページランク2を示していたので、内に秘めたパワーがあると信じ、次回の更新を待つことに。


そして、今回のページランク更新で、3に復活した。
これには正直驚いたが、前回と違う点としてページランク4のサイトから一方的なリンクを頂いているから、当然の結果かもしれない。
なお、こちらからはリンクしていなかったが、御礼に相互リンクさせて頂くとする。


さて、ここでまとめを書いておく。
ページランク向上のテクニックとして、実際に効果があった手法である。
とは言っても、ちょっとでもSEOをかじった事がある人なら、ありきたりな情報だが。


1、発リンクを極限まで抑え、リンク流出を抑える。
 
 ⇒内部・外部合わせて100以下とする。

2、高ページサイトからの直リンク。

 ⇒いくらTOPが6だとしても、登録ページ(リンクページ)が無評価だったとしたなら、期待するだけ損なのかもしれない。
よって、検索エンジン等と相互リンクを結ぶ際には注意する事。

3、タグを有効活用する。

 ⇒FC2ブログの場合、記事ごとに10件までリンクタグを設置できるが、登録の時点でランクが高いページを選ぶと良い。
先々の変動でランクが落ちる場合もあるが、記事単位で評価が高める努力は、意図するページを押し上げる重要な武器となる。


と、ここまで書いていて笑ってしまった。
何を偉そうに書いているのだろうかと。

SEO対策関連について、私はまったくの素人である。
そして、僅かながらに覚えてきたすべての知識は、人から学んだ事であって決して独創的な世界ではない。
ただし、SEOに対しての興味だけは持っている。
その興味(好奇心)は、向上心に繋がり、結果もついてくると考える。
終り無きチャレンジ精神を持っている者だけが、到達できる世界。



ページランクは栄養ドリンク。


一喜一憂が更新する活力となる。
Google PageRankについて、今まで多くの方が記事を書いているので調べてみると面白いかもしれない。

もちろん、続きはWedで検索。
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: Google, PageRank, SEO対策, ページランク, グーグル, 相互リンク, 更新,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年01月13日(火) 記事No.5
今朝、『検索するだけでお茶が沸く?』との題名で記事を書いた。

この研究結果を発表したのは、Alex Wissner-Gross(アレックス・ウィスナーグロス)という物理学者だとされていたのだか、先程調べていたら見逃せない事実を発見した。

この物理学者、『Googleの検索は環境に影響を与えていて、世界中で巨大なデータセンターを動かしている訳だからその電力消費量も大きい』など発言しているが、例のたとえ話については言っていないと主張しているようなのだ。

では誰が発端なのか?
その前に、前回の記事にコメントがあったので、紹介させて頂く。

>この論文おそらく、グリーンITを推進するための、やらせではないかと思います。森を見ずに木を見るの典型例だと思います。

実は、私もそう感じていた。
やらせ云々については感じていなかったのだが、その科学者の行動については、あきらかな宣伝活動だと感じていた。
私が感じていたぐらいだから、多数の方が疑問視していたのだろうが、ラジオやテレビのニュースで軽く聞き流す程度の情報量だけだったとしたらどうだろう。
本当の真実を知らずに過ごす人が大半ではないだろうか?

今回特に感じた事は、地球環境という壮大なスケールを題材とした情報を、興味本位や集客効果などの利益追従の為に安易に扱っては駄目だと言う事。
地球を愛するが故に、人間を滅するのか?
環境を守るために、人間を滅するのか?

人間は地球の産物である。
我々は地球の子供であり、ウイルスでもある。
過去に戻るのではなく、未来に向って何が出来るのか?
ちっぽけな私だが、今後も考えて生きたい。


参考記事
http://jp.techcrunch.com/archives/20090112revealed-the-times-made-up-that-stuff-about-google-and-the-tea-kettles/


さて、誰が(何が)発端だったのかについて、The Times紙とWissner-Gross氏の、今後の声明に注意するとし、深追いはやめる事にする。
何故なら、真実はひとつだけであるから。

もちろん続きはWedで検索。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: Google, ウイルス, 地球環境, 興味本位, 利益追従, 物理学者,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。