• インターネット タグの検索結果

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年11月24日(火) 記事No.20
伊勢海老(イセエビ)とロブスターの違いと聞かれて、あなたは答える事が出来るだろうか?

なんとなくはわかっていても、意外と答えれない人のほうが多いのではないだろうか?

今回は、「いまさら人に聞けない雑学」と称して、2種類のえびの違いを簡単に記しておく。


■ロブスター
ロブスターは英語の「lobster」に由来しているのだが、フランス語圏では「homard」となりオマールエビと呼ばれている。
特徴として、前脚の一対が大きなハサミとなっていて太く肉厚のある部位が美味しい。
ネーミングからわかるように主に欧米の食材なのだが、近年日本にもあたりまえのように輸入されているので食する機会もあるだろう。

■伊勢海老(いせえび)
伊勢海老は全身が赤褐色で、二対の触覚が特徴である。
古くは1500年代の文献にも登場するこの伊勢海老、日本人にとって祝い事に最適とされてきた高級食材である。
生息地は日本の房総半島から台湾に至る太平洋沿岸地域となっている。


もし、誰かに違いを聞かれたとするなら、ハサミの違いを説明したら理解してもらえるのではないだろうか?


今更だれかに聞けないそんな話題はインターネット検索に限る。
ネット検索なら、笑われること無く調べる事が出来てしまうから。
もし、知りたい事があれば今すぐ入力しよう。


続きはWedで検索。
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ロブスター, 伊勢海老, 検索, Wed, 入力, インターネット, フランス, lobster, homard, 雑学,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月19日(日) 記事No.14
インターネット検索最大手の米グーグルが16日に発表した4月~6月期決算では、純利益が前年比19%増になっていた。

世界的大不況による広告収入に伸び悩むはずが、何故このような結果になったのか?


グーグルの収入源の主力はネット検索サービスと連動するネット広告が9割以上である。
金融業界のネット広告需要の低迷があったものの、落ち込んでいた小売業や旅行業などの広告需要が回復しつつあるのがマイナスを補填したのかもしれない。

しかし一番の決め手は同社のリストラ対策によるものではないだろうか?


グーグルは、マーケティング部門などの人員削減をおこなっており、決算期である6月末の従業員数は、3月末から約380人と減少している。

IBMなど大手各社がリストラを行っている昨今であるが、グーグルも景気低迷を受けリストラに着手し、対策が奉功したといえる。


リストラせずに会社を立て直す企業もあれば、やむなく決定せずにはいられない企業もあるだろう。


明日は我が身。


いざという有事に対応できるよう、知識を手にするべきだ。
もちろん、続きはWedで検索。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: リストラ, マーケティング, インターネット, グーグル, サービス, 決算, IBM, 会社,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2008年12月10日(水) 記事No.2
続きはWedで(つづきはウェブで)とは、テレビ業界や雑誌等の広告媒体で、インターネット検索を用いて宣伝をする手法であり、最近ではあたり前と言っても過言ではないくらいに目にする機会が増えた。

IT社会とは縁の無い人にとって、まったくもって関係のない手法ではあるが、PCや携帯を活用している人からのホームページへの誘導効果は抜群のようだ。
TVの場合、広告代理店が作成するCM時間内に抑えられなかった情報を、後はユーザーが勝手に調べてくれる訳だ。

その検索語句に類似したサイトやブログも多数増えている。
便乗である。
対応の早いSEOディレクターは、いち早く大手企業が発する語句に便乗し、成果を上げているようだ。

広告を出す側も必死だろう。
指定された語句が大手検索エンジン(Googl/YAHOO!)で一位になっていないと意味が無いからである。
つまり、SEO対策を一歩間違えれば、CMで流した検索語句が関係の無いサイトに流出してしまい、自社へのアクセスが激減するからである。
効果対費用の効果が減るという訳だ。

ただし、近年この手法はグレーであるという認識が強まっている。
この手法はいつまで続くのか。
興味を持たれた方は、調べてみるといい。

もちろん、続きはWedで。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: 続きはWedで, IT社会, 広告媒体, インターネット, SEO,
続きはWEDで検索 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。